VIO脱毛で気をつけたい事。自宅脱毛をする前に読むページ

埋没毛は埋もれ毛とも言われるもので、皮膚の下でムダ毛が埋もれたまま伸びて状態のことを言います。
普通ならムダ毛は毛穴から伸びていくのですが、何らかの原因で毛穴が塞がれてしまうと、表面に出て行くことができずに皮膚の下で成長をしてしまい、埋没毛となってしまうのです。

埋没毛の原因は、簡単に言ってしまうと間違ったムダ毛の自己処理方法です。
ムダ毛の自己処理方法はいろいろありますが、VIOラインの場合だと毛抜きを使うという方が圧倒的に多いと言われています。
VIOラインのムダ毛は他の部位よりも太くて濃いので、剃っても黒いぶつぶつが残ってしまうため、毛抜きで処理をするという方が多いのですね。

毛抜きで抜くと、毛根部分から処理することができますが、成長期にあるムダ毛の毛根は毛穴よりも大きいので、無理に引き抜くと毛穴を傷つけてしまいます。
皮膚は傷ついた毛穴を治そうとしますが、この時皮膚同士が癒着してしまい毛穴を塞いでしまうのです。
そのため、引き抜かれたムダ毛が再生されて伸びてきても、毛穴から出て行くことができずに埋没毛というトラブルが引き起こされるのです。

VIOラインはデリケートなので、毛抜きで脱毛するとより肌に負担をかけてしまいます。
だからといってシェーバーを使うと、余計に肌を傷つけて埋没毛が起こりやすくなります。
ですので、VIO脱毛で埋没毛にならないようにするためには、エステサロンの光脱毛などを利用して、毛穴や肌を傷つけずに脱毛する必要があるのですね。

VIO脱毛された女性に対する男性の反応

古い考えの男性の場合は、女性がVIOラインの処理をすると遊んでいると言うイメージを持つことがあります。
確かに、普通であれば人からは見えない部分ですから、そこをわざわざ脱毛していることに違和感を感じる男性がいるのもしょうがないかもしれません。
ですが現代は男性のムダ毛に対しての考え方も大きく変わっているので、多くの場合、VIO脱毛をした女性に対しての偏見はなくなっています。
何もお手入れをせず、ぼうぼうにムダ毛が生えているよりも、すっきりと形が整えられている方が良いという男性が増えているのですね。

それに、VIOラインを自己処理していると、黒ずんだり毛嚢炎になったりして、アンダーラインが汚らしくなってしまいます。
こういった状態を見てしまうと、いくらお手入れしているとしても魅力は半減するので、ちゃんと脱毛してほしいという男性も少なくないようです。

また、男性が女性に対して幻滅することが多いのが、水着や下着からはみ出たアンダーヘアです。
どんなにプロポーションが抜群でも、美しくても、ムダ毛がはみ出ているだけで女性的な魅力を感じられなくなる、という男性が多いのです。
ですので、逆にVIO脱毛をしていれば、見えない部分にまで気を使っているイコール女性らしいと言うイメージになって、好感度もアップします。

もちろん人によって考え方が異なりますし、男性全員がVIO脱毛に関して理解があるとは言い切れませんが、総じて良い印象を持つ方が増えているというのが現状です。

http://www.retifweb.com/

投稿者について

ultradoip7